ブログ

姫路駅周辺整理事業の行政調査

市議会
今日は初日の長崎市から強行スケジュールで移動し、姫路駅周辺整理事業の行政調査を会派のメンバーで行いました。

山陰本線を始めとした6.6kmにもおよぶ連続立体交差事業、施工面積45.5haの土地区画整理事業などスケールが大きな事業です。

歴史を育み、賑わいと感動あふれる都心の再生をテーマに新たなまちづくりがされています。
駅前の基本コンセプトは「城を望み、時を感じ人が交流するおもてなし広場」

姫路城をメインとしたシンボル景観の演出と、くつろぎ・賑わい・便利で安全な歩行空間が確保されています。

  • 姫路駅周辺整理事業
  • 姫路駅周辺整理事業
  • 姫路駅周辺整理事業
  • 姫路駅周辺整理事業
  • 姫路駅周辺整理事業
  • お問合せ

トピックス

  • くらしの相談
  • Facebook
  • Facebook
  • Twitter

坂部たかし公式サイト > ブログ > 活動報告 > 姫路駅周辺整理事業の行政調査