ブログ

お知らせ

早足に桜の季節も過ぎつつじが美しく咲く頃となりました。皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、平成30年度はソフトボール場、体育館、文化センター、プラネタリウムなど公共施設のリニューアルオープンが目白押しとなり、活力と創造性のあるまちづくりが進められます。
 加えて地方自治では愛知県知事選挙、安城市長選挙が行われ、この地域の将来ビジョンや地域社会のあり方など、首長の姿勢や県民市民の意識が問われる年でもあります。安城市においては市内4拠点によるネットワーク型のコンパクトシティの形成を始め、リニア中央新幹線の開通に向けた三河安城周辺の新たな都市整備、広域交通網の充実、名鉄新安城駅の駅舎改築と周辺整備など、取り組むべき課題は山積しています。
 「市民の幸せづくりサポーター!坂部たかし」は議員活動3期12年の集大成の年を迎えます。人が輝くオンリーワンのまちづくりに向けさらに活動を加速させて参ります。最後までの変わらぬご支援・ご指導を「坂部たかし」によろしくお願い致します。

坂部たかし後援会だよりNO.50春号はこちら

新春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶 び申し上げます。 さて、昨年度の世相を表す漢字は「北」が選ばれました。大谷 翔平選手の大リーグへの移籍や、早稲田実業高校の清宮幸太郎選 手の入団など「北」海道日本ハムファイターズに注目が集り、ま た「キタ」サンブラックが現役最強馬として大活躍するなどが明 るい話題がある一方、「北」朝鮮の度重なる弾道ミサイルの発射 や核実験の強行 九州「北」部の記録的豪雨など、歓迎できない 事態もありました。そんな中、安城市ではアンフォーレのグラン ドオープンや健幸(ケンサチ)によるまちづくりで盛り上がりを見せ、 今年においては三河安城駅開業30周年や名鉄新安城駅の橋上化 など未来に向けて新たなまちづくりが進められます。 人が輝く!オンリーワンのまちづくりを目指し、市民の幸せづ くりサポーター「坂部たかし」は議員活動に邁進します。引き続 き変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
坂部たかし後援会だよりNO.49新春号はこちら

収穫の秋を迎え美味しいものをついつい食べ過ぎてしまう季節となりましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、衆議院総選挙がスタートし政党の構図が変わろうとしています。どのような構図になったとしても、緊迫した北朝鮮問題を始めとした国民の安全、医療・介護・子育てなど持続可能な社会保障制度、国の財政再建、様々な規制緩和や経済対策など、次世代へ明るい社会をバトンタッチする環境を早急に整備していくべきです。議員の不祥事が様々報道されていますが、襟を正し緊張感を持って建設的な議論を重ね、国民の生活を支える安全安心で幸せな社会を実現する政治に取り組んで頂きたいと思います。今後とも市民の幸せづくりサポーター!「坂部たかし」に変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
坂部たかし後援会だよりNO.48秋号はこちら

 日頃は「坂部たかし」の議員活動に深いご理解ご協力を 頂きありがとうございます。皆様のお陰を持ちまして3期11年目の議員活動に取り組んでおります。平成28年度においては安城市議会副議長という大変な重責も担い、自分の議員活動のみでなく安城市議会をリードする立場で1年間活動をさせて頂きました。また、さらなる議会改革を進め市民と議会の距離をなくし、市民と繋がる安城市議会をテーマに掲げ議会におけるICT化を進めた結果、議会の効率化、活性化、議会の見える化が進み、安城市議会は議会の先進事例として取り上げられるようになり、今や全国から最も注目をあびる地方議会にもなっています。市民の皆様が豊かさと幸せを実現できる健「幸」社会の 創造をテーマに、中長期的な視点でまちづくりを進めています。「人が輝く!オンリーワンのまちづくり!」、「市民の幸せづくりサポーター!坂部たかし」に皆様のさらなるご支援ご鞭撻をよろしくお願い致します。
坂部たかし後援会だよりNO.47特別号はこちら

春深く、木々の緑に心躍るこの頃、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。さて、平成29年度がスタートしました。今年度は市制施行65周年の節目の年にあたり、デンパーク開園20周年、ハンチントンビーチ市やコリング市との友好都市提携周年事業など様々な周年イベントが企画されています。また、更生病院跡地には図書情報館や商業施設を併設した中心市街地拠点施設アンフォーレが6月1日にグランドオープン致します。市民の皆さんと周年を祝うとともに、アンフォーレの多目的ホールやイベント広場を大いに活用し、安城市の人とまちの元気さを全国に情報発信していきたいと思います。さらに、老朽化が進む名鉄新安城駅の改築、JR三河安城駅周辺の区画整理事業の立ち上げなど、市内主要拠点を核とするコンパクトシティの形成や賑わいの創出に努め、工業団地の造成や安城ビジネスコンシュルジェ(ビジネス支援センター)の開所など地域経済の発展と雇用の確保にも注力して参ります。「市民の幸せづくりサポーター!坂部たかし」に、今後とも変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

坂部たかし後援会だよりNO.46春号はこちら

新春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお 慶び申し上げます。 さて、昨年度の世相を表す漢字は「金」が選ばれました。リ オ五輪での日本選手の「金」メダルラッシュ、イチロー選手の メジャー通算3,000本安打達成などスポーツ界の「金」字塔 により日本中が感動と興奮に包まれるうれしい話題がある一 方、前東京都知事の政治資金問題や東京オリンピックの巨額経 費問題、地方議会の政務活動費の不正支出など政治と金に絡む 問題が次々に浮上し、政治不信が高まる残念な年でもありまし た。そんな中、安城市では安城学園高校吹奏楽部が11月に大 阪で開催された第29回全国マーティングコンテストで「金」 賞に輝き、地域を盛り上げる朗報を届けてくれました。 平成29年は安城市にとって市制施行65周年の節目の年と なります。その他にも、デンパークの開園20周年、現在整備 が進められている中心市街地拠点施設「アンフォーレ」のグラ ンドオープンなど様々な記念イベントが控えており、市民の皆 様とともに楽しく地域を盛り上げていきたいと考えています。 市民の幸せづくりサポーター!「坂部たかし」へ今後とも変 わらぬご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


坂部たかし後援会だよりNO.45新号はこちら

収穫の秋を迎え美味しいものをついつい食べ過ぎてしまう季節となりましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが閉幕し、先日東京都心で行われたパレードには約80万人が沿道に訪れ出場選手を祝福しました。獲得メダル数41個と過去最多を記録した日本勢の活躍でおおいに盛り上がった今年の夏。スポーツは取組む本人の心身ともの成長や楽しみだけでなく、見るものに勇気と感動を与え生活を豊かにしてくれます。オリンピックによるスポーツ熱の高まりをよいきっかけと捉え、市民が健康で幸せに暮らせるまちづくりに取り組んでいきたいと考えています。
2020年には東京オリンピックが開催されます。豊洲市場の土壌汚染、膨れ上がるオリンピックの開催経費など、機運に水を差す事態が起こっています。ガバナンスの欠如、希薄な当事者意識など様々な要因が考えられますが、消費者の安全安心・適切な予算編成に向け、早急な円満解決を図り都民・国民の期待に応えることを願っています。
今後とも変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げると共に、これから朝夕冷えてまいりますのでお体には充分ご自愛下さいますようお願い申し上ます。

坂部たかし後援会だよりNO.44秋号はこちら

蝉の大合唱に夏の訪れを知るこの頃、皆様におかれましては ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 安城市議会では5月の臨時会にて平成28年度の議会人事 が行われ、私「坂部たかし」は多くの議員の支持
を受け副議 長に就任致しました。議会の代表としてさらなる議会改革を 推進すると共に、安城市政の発展、
ひいては市民福祉の向 上、市民の幸せづくりに微力ではありますが今まで以上に努 力していく所存です。
 さて、イギリスのEU(欧州連合)離脱が国民投票により 決定し国際社会に激震が走りました。ヨーロッパ
に新たな秩 序を構築することによって、平和と強い経済の実現を目指し てきましたが、EU加盟国において
難民問題など様々な歪が 顕在化しているのが大きな要因です。イギリスには1000 社を超える日本企業も
進出しており、日本経済やこの西三河 の企業にも大きな影響を及ぼすことが想定されます。動向を しっかり
と注視し影響を最小限に食い止められるよう、各級 議員の連携をさらに強め対応して参ります。
 市民の幸せづ くりサポーター!坂部たかし」に、今後とも変わらぬご支援 ご協力をお願い申し上げます。

坂部たかし後援会だよりNO.43夏号はこちら

春爛漫のみぎり、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平成28年度が始まりました。安城市では「幸せつながる 健幸都市安城」をスローガンとした第8次総合計画
のキックオフの年にあたり、平成28年度~平成35年度の8年間を計画期間とする、新たなまちづくりの計画
が公開されました。超少子高齢化・人口減少社会が到来する状況においても、市民の末永い健康と幸せを願い、
高齢者福祉の充実による健康寿命の延伸や市民の活動意識の向上、また、社会全体で子育て環境を充実させる
手厚い子育て支援策など、あらゆる世代がゆとりを持って生活できる行政施策を進めます。
また、まちづくりではJR安城駅前の図書情報館「アンフォーレ」の開館、老朽化が進む名鉄新安城駅の改築、JR
三河安城駅周辺の区画整理事業の立ち上げなど、市内主要拠点を核とするにぎわいの創出や利便性の向上に努め、
新たな工業団地の造成など地域経済の発展と雇用の確保にも注力していきます。
引き続き市民目線の議員活動に取組んで参ります。「市民の幸せづくりサポーター!坂部たかし」に、今後とも
変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

坂部たかし後援会だよりNO.42春号はこちら

新春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

平成28年の干支は「丙申」です。干支は植物の生長の過程を表わしているともいわれますが、今年の干支の「丙」は草木の成長が始まりその姿がはっきりしたきた様子を意味し、また「申」は果実が成熟して固まって行く状態を表わしているそうです。こうしたことから今年がどんな年になるのか自分なりに考えましたが、今年は今までの活動や努力が形になり、その成果が徐々に表れてくる年と言えるのではないでしょうか?安城市では中心市街地拠点施設の建設や新たな工業団地の造成など、今までの取り組みの成果が徐々に表れその姿が明らかになってきます。私「坂部たかし」も「市民の幸せづくりサポーター」として、「至誠天通・粉骨砕身」市民目線の議員活動によりその成果を徐々に表していきたいと考えています。
今後とも変わらぬご支援ご協力を「坂部たかし」にお願い申し上げます。

坂部たかし後援会だよりNO.41新春号秋号」を発行しましたので、是非一読頂きますようお願い致します。
引き続きのご支援・ご協力を「坂部たかし」にお願い致します。

http://sakabetakashi.com/common/pdf/041.pdf